検索
  • Frajapo office

パリの花市場で色鮮やかな紫陽花に出会う





パリのシテ島内にあるシテ駅を降りたら目の前すぐに現れるフラワーマーケット。


正式名はMarché aux Fleurs Reine Elizabeth II




ここは観光地としても人気な場所で、今年はコロナですが普段は通年通して観光客の方々がたくさん来ていてとても賑やかです。


そしてここは観光向けと言うよりも、自宅のガーデンやテラスで花を楽しむ地元の方向けのスポットのようで、シテ島の中心にあるので植物や花が売っている場所として有名です。


ただ、住んでいる人でも「中に入ったことがないのよ〜」と言う人は意外と多いようです。


それもその筈、外から見た外観はとても静かでこじんまりした印象。


ですが、中に一歩入ってみると想像もしない色鮮やかな花景色に目が奪われます。

シャンデリアや絵画など、全体にパリらしい美を感じます


この時期は紫陽花がメイン、他の花や植物もありますが圧倒的に紫陽花の世界でした♪


一眼カメラを持って撮影に来ている人も多く見られ、花を育てるためじゃなくても目で楽しむためにはぴったりの場所です♪



Marché aux Fleurs Reine Elizabeth II


住所

37 Place Louis Lépine, 75004 Paris

6回の閲覧0件のコメント